子宮内膜症 4分で知る全体像(症状と治療)



子宮内膜症とは~長く続く「痛み」が典型的症状


子宮内膜症しきゅうないまくしょう)」は、特に20代半ば~40代の女性に多く見られる病気です。

ただし月経のある年代ならば、年齢がいくつであっても発症の可能性はあります。


子宮内膜症は基本的には良性で、発症によって死に至るような恐ろしい病気ではないのですが、閉経するまでは完治することのまず無い、再発性のある病気です。

国内の子宮内膜症の患者数は、潜在患者数を含めて100~200万人といわれます。


子宮内膜症の典型的な症状は、ズキズキとうずくような耐え難い痛みが長くことです。

これは、月経痛が強いという面も確かにありますが、月経痛以外の痛み、すなわち腰痛・性交痛・排卵痛・排便痛など月経の時期に関係なく起きるためです。


年月が経つにつれ、この痛みは長引いたり強まったりするようになり、市販の鎮痛剤では抑えられないくらい痛むときもあります。


月経時以外や月経痛のほかに痛みが起きる理由は、子宮内膜症という病気の特性に由来します。


子宮の内面をおおっている粘膜を「子宮内膜」といいますが、これは受精卵が着床するときに、その組織が厚くなって妊娠に備えるという、大切な役割を果たします。


女性のからだはほぼ4週間を一サイクルとして、排卵と月経を繰り返していますが、受精卵の着床(妊娠)が無いと子宮内膜の組織ははがれ落ち、出血(月経)が始まります。


そして月経が終わると、子宮内膜の組織は卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの作用によってふたたび増殖し、次の受精卵の着床を待ち受けるというように、増殖→剥離→増殖のサイクルを活発に繰り返しているのです。


子宮内膜は本来、子宮の内側だけにあってしかるべきなのですが、卵管や卵巣、直腸の表面などの子宮から離れた場所に「子宮内膜組織が勝手にできてしまう」のが子宮内膜症なのです。

したがって、月経以外の時期や、子宮以外の場所において痛みがおきることになります。


ちなみに、なぜ本来の場所以外に子宮内膜組織ができるのか?という原因については、複数の有力説が存在しているものの、いまだ未解明のことも多く、その特定にまで至っていません


なお、痛み以外の症状として、月経異常消化器の異常吐き気頭痛むくみのほか、イライラや不安感といった精神症状などがあります。


検査~診断の難しさ


子宮内膜症は診断の難しい病気で、よく「月経困難症(月経時にけいれん性の下腹部痛や腰痛が起きる)」や「子宮筋腫(子宮の筋肉層にできる良性の腫瘍)」と間違われることも珍しくないようです。


子宮筋層内に子宮内膜症が起きた場合などは子宮筋腫と同じような症状を示すことから、区別が難しい場合があるためです。

したがって、診断を受けるときは、問診時に現在の症状、すなわち発生時期・期間・頻度・症状の程度などについて、できるだけ具体的かつ正確に医師に伝える必要があります。


また、一医院での診断結果に納得がいかない場合には、他の病院も受診し、いわゆる「セカンド・オピニオン」をとることも検討すべきでしょう。


問診後は通常、医師が子宮や卵巣の様子を触診する「内診」が行われますが、このときに場合によってはMRI検査CT検査超音波エコーなどが行われることもあります。

これらはみな「臨床診断」に属し、子宮内膜症であろうと推定すべきかどうかが診断されることになります。


診断の精度は6~7割
といわれますが、事実として確実に子宮内膜症かどうかは、実際に治療をかねた手術を行わない限りわからないのが、この病気なのです。


「子宮内膜症は不妊の原因になる」は本当か


「子宮内膜症が不妊の原因になる」という説がありますが、これは子宮内膜症の症状が進行し、卵管に癒着が起きて卵子をとりこめなくなったような場合のことです。


子宮内膜症だからといって、そのような状況にならない場合ももちろんありますから、子宮内膜症イコール不妊ということでは決してありません。そこは誤解のないようにしましょう。


性交痛があるために不妊となっている場合もありますし、不妊の理由もほかにいろいろ考えられることから、子宮内膜症が直接的な原因とは言い切れないケースもたくさんあるからです。


だからといって、産婦人科の診察も受けず子宮内膜症を放置することは、賢明とはいえません。

なによりも痛みに耐えながら日々の生活を続けていると、いわゆる生活の質が下がることになりますし、不妊の原因となっているかどうかも、結局は診察を経てみないとわからないことだからです。


事例として多くはないものの、転移悪性化などのために、子宮や卵巣の摘出が必要な事態にならないとも限りません。


逆に、「妊娠すれば子宮内膜症は治る」というのも誤解と言えます。

妊娠中や授乳中には月経がなくなるため、一時的に子宮内膜症の症状が出なくなるというのが正しい状況で、生理が再開すれば、子宮内膜症もまた進行することになります。


治療~対処療法・薬物療法・手術


現在の治療の基本は、「経過観察」ないし鎮痛剤や神経ブロックによる「対処療法」、またはっきりと症状があらわれた場合は、「薬物療法」や「手術」となります。


上にも述べたとおり、子宮内膜症は完治が難しいこともあって「いかに病気の症状を取り除いていくか」が治療の基本的な方向となります。


一般に未婚・既婚を問わず、これから妊娠したいと思っている人の場合は「薬物療法」が試みられ、薬がほとんど効果がない・すでに子供が多くいる・高年齢であるなどの場合は、「手術」が積極的に検討されることになります。


薬物療法では、一般には、長期治療を目的に「低用量ピル」が用いられます。

本来は避妊を目的とするのがピルですが、排卵が抑えられることから、子宮内膜の増殖を抑える効果があります。


他にも内服薬のダナゾール、点鼻薬のスプレキュア、注射薬のリュープリンや漢方薬など、効き目の強さが異なるさまざまな薬があります。

いずれも症状の推移や副作用の有無に応じて、数ヶ月単位で投与されることになります。


薬物療法では効果がない、あるいは症状がかなり進行している場合には、手術が行われることになります。


手術は、子宮や卵巣を残したままで子宮内膜組織や筋腫を取り除く「保存手術」と、子宮や卵巣そのものを全摘出する「根治手術」に分かれます。



子宮内膜症の治療においては、治療期間が長くかかること、完治が難しいこともあって、どうしても不安やストレスを抱え込むことになりがちです。


パートナーや家族へも十分に説明し、協力と理解を得ながら、正しい知識を持ち最新の医療情報を入手するよう、努める必要があります。


加えて、かかりつけの専門医にいつでも相談できる状況をつくると同時に、ストレスをためこまないように治療に向き合うことが大切です。





女性の健康と医療に関する情報サイト



本サイトの情報提供について

本サイトは、子宮内膜症に関わる情報の収集・整理をお手伝いすることが目的です。あくまでこれらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、特定の商品・サービス・企業等の利用を推薦するものではなく、これらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもと、ご使用・ご利用いただくようお願いいたします。また本サイトの掲載内容は、予告なく変更・中断・中止することがあります。


 © 子宮内膜症 4分で知る全体像(症状と治療)